未分類

目に見える現実の正体

はじめに 

 

アロマスピリットコールの現場で 

毎回毎回、痛感することは 

現実とは

それぞれの意識の反映であるということだ。  

 

「思考は現実化する」とは

今や周知の事実だが、

一部のスピリチュアルな話とか 

非現実的な話だとも思われがちだ。 

それは一体どういうことなのか考えてみた。

 

 

目に見えないものと目に見えるものとの繋がり 


 

 

この「思考は現実化する」話は 

非現実的な話ではなく 

 

すでに科学の世界でも証明されている 

事実だ。

 

 

デヴィット・ボーム博士は、 

「この宇宙は二重構造になっており、

我々がよく知っている物質的な宇宙の背後に、

もう一つの目に見えない宇宙が存在する」

と発表している。

 

わたし達が目に見える世界と目に見えない世界が

同時に存在していることを説いたのだ。 

 

それは一体どういうことなんだろうか?  

 

 

TVの画面と電波 


 

 

 

分かりやすく例えるならば

それはまるでTV画面のようだ。 

 

わたし達がTVを見るとき 

TVに映った情報を見ているが 

それは言うまでもなく、

TVが映るのは放送局から 

電波として送られてきたものを

キャッチしているからだ。

 

この広い空間の中には「電磁界」があり

それを受信するからテレビの画面が映し出される。  

 

目には見えないけれど

確実のその電波はある。 

 

TVの電波にとどまらず、

今や目に見えない空間の中には

様々な情報の電波が無数に飛び交っているのだ。 

 

 

ボーム博士のいう目に見える世界はTVの画面のこと  

目に見えない世界とは

その電磁界の世界だといえば分かりやすい。

 

つまり、あなたが思考したこと 

発したこと 

時間や空間が関係ない情報の全てが

空間の中に叩き込まれていて 

それがTVのスクリーンに投影されている。  

 

その世界は同時に「今」存在している。

 

 

それがわたし達の思考が

そのまま現実に映し出されるメカニズムという。 

 

 

まとめ


 

 

わたし達は、このように

とてつもない神秘に満ちた世界に生きている。  

 

あなたの意志や思考の力

そして、あなたが行動することが

あなたの世界を創り上げている源であることは

間違いない。 

 

この広い空間にどんな思いの電波を飛ばして

スクリーンに何を写そうか? 

 

わざわざ、「自分なんて」

「わたしなんてどうせ」

といつまでも拗ねた思考で 

いつまでも堂々巡りの現実を写したいか? 

 

それとも 

腹の底から湧き出る情熱に従って 

自分らしい人生を映し出したいか? 

  

全ては自分次第だということだ。 

 

いつもいつも、自分の声に耳を傾け

よりよい思考を電磁界にのせていこう。 

 

アロマスピリットコールは 

いつも、そうやって沢山の人を後押ししている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 未分類

    恐れを超えて

    新しいことをする時はいつだって…

  2. 未分類

    バラバラな脳と感情と魂

    はじめに やりたいと思ってやろ…

  3. 未分類

    【実録】「今」ここに「自分軸」で

    わたしは今まで、どちら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    孤独感はどこからくるのか!?
  2. 未分類

    失敗なき人生は、人生に失敗する!
  3. 未分類

    究極までいったその先に
  4. 人生の歩み方

    わたしたちは何も見えていない
  5. 未分類

    落ち込むことは悪いこと?
PAGE TOP